素晴らしい本との出会い

画像



児玉小枝さん著者『どうぶつたちへのレクイエム』『どうぶつたちに、ありがとう』(日本出版社)の二冊をご紹介します。

読みながら涙が止まりませんでした。

これは最高の道徳の教本です。この二冊に、人間にとって最も大切なもの…
人間の在るべき姿とは…という大切な教えが読み取れます。

『どうぶつたちのレクイエム』は、人間に捨てられ、
動物収容施設で命を絶たれた動物たちの悲惨な現状を、
多数の写真と簡潔な文章で訴えています。

ページをめくる度に、まるで収容施設にいるかの如く、
心は重くなり、胸が痛みます。
私は、残酷な現実から目を逸らし耳を塞ぐ日本社会の体質に、
以前から違和感を持っていました。ですから、
この現実は直視するべき重大な問題であることを、
声を大にして言いたいのです。

人間の犠牲になった無垢な動物たちの姿を…
苦しみを…しっかり見て頂きたい。


本の中に印象的な内容があります。
(ガンジーが、こんな言葉を遺しています。
「国家の偉大さや道徳的水準は、その国で動物たちがどのように
扱われているかによって判断することができる」。)
正にその通りだと思います。

安易に動物を飼う前に、無責任な人間に飼われた動物たちの犠牲が、
どれほど大きなものか…想像してほしい。
もし、想像に及ばないなら、この本を必ず読んでほしいのです。

パリス・ヒルトン?(間違ってたらゴメンナサイ)なる人物が、
飼っている犬を飽きたらチェンジする…という話しを耳にしましたが、
その犬たちの行方は如何に?
命あるものもファッションの一部というのでしょうか?
セレブとはそんなものでしょうか?道徳的水準イコール品位…
それを無くして何がセレブでしょう?
そんな彼女をファッションリーダーだのと
持ち上げるマスコミや企業にも怒りを感じます。
そして、形ばかりに振り回されてワーキャー
騒いでるお粗末な女たちにも呆れます。
?????????私には理解出来ないことだらけ!

さて、落ち着いて、本の話しに戻ります。

『どうぶつたちに、ありがとう』は、阪神淡路大震災で住む家を失い、
公園でテント生活を続けるおばちゃんと13匹の犬猫たちの暮らしを
綴った感動のフォトストーリーです。

仮設住宅に入るという選択をせず、
大切なものを守り続けたある家族の生き様を通して、
大災害に遭った時、愛するペットをどう守るか、
ということを考えさせられる一冊です。

厳しい避難生活の中で、人と動物との温かい愛が溢れています。
こんな言葉が印象的です。
(動物たちが私たち人間に与えてくれるもの…
純粋な愛情、無垢な信頼、心からの安らぎ、
‘今’を生きる知恵、そして前向きに生きる勇気…。)

子供にも読めるようにルビがふってありますし、
活字が億劫という人でも、数十分で読めるので、
是非一人でも多くの方の手に渡ってほしいと願っています。

最後に…著者の児玉さんは、目を覆いたくなる現実を直視して取材され、
どれほど辛いお気持ちだったことでしょう。
愛と勇気と大義と情熱を持って、この過酷な取材に臨まれたことを、
心から尊敬致します。

素晴らしい本を出版して下さってありがとうございます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス